【少女前線】ストーリー全文日本語訳(緊急1-1)

はじめに

今回は緊急1-1を日本語訳してみました。

短いですが、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

緊急1-1(パート1)

グリフィン司令室での遠隔通信。

ヘリアン

やあ、指揮官。

ヘリアン

今日は特別な訓練に参加してもらうぞ。

ヘリアン

新人にしては、お前は本当によくやった。

ヘリアン

だがあいにく今は忙しい時期でな、実戦で経験を積む暇もない。

ヘリアン

よって、今回は本部が特別に訓練計画を立ててくれた。お前が早く慣れるためにな。

ヘリアン

過去の戦闘の資料を元に、最初戦ったのと同じマップ上にNPCを設置した。

ヘリアン

全く同じマップになるが、以前の敵よりかは遥かに強くなっているはずだ。

ヘリアン

これで実力を証明してくれ。もっと安心してお前に資金を割けるようにするためにもな。

緊急1-1(パート2)

…作戦終了。

ヘリアン

よくやった。敵のレベルを大幅に上げても、お前は難なくクリアできたようだな。

ヘリアン

この成績を見る限り、それ相応の鉄血の襲撃には対応できるだろう。

ヘリアン

だが鉄血の奴らは数だけではなく、訳の分からん戦術もたくさん持ってやがる。

ヘリアン

それについてはまた今度訓練しよう、解散だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です