【少女前線】ストーリー全文日本語訳(緊急1-3)

はじめに

今回は緊急1-3を日本語訳してみました。

カリーナちゃんがさらっと鉄血のことを話してますね。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

普通1-3(パート1)

…S09区グリフィン司令室。

カリーナ

あ、指揮官様、おはようございます!

カリーナ

へへー、まさかの私でびっくりしましたか?

カリーナ

ヘリアンさん今日は用事があるらしくて、代わりに私が任務を発表しに来ました。

カリーナ

うん?…私?安心して下さい、大丈夫ですよ!

カリーナ

資料は本部が準備してくれてますから、私はそれに記録していけばいいだけですし。

カリーナ

へへー、私こう見えても、パソコンの操作には少し自信あるんですよ。

カリーナ

…ちょっと!何が「そうは見えない」ですか!バカにしてるんですか!

カリーナ

まあいいや。任務を始めましょ、指揮官様!

普通1-3(パート2)

…作戦終了。

カリーナ

うん、今回も無事成功ですね。流石指揮官様!

カリーナ

こんな良い成績取ってますし、指揮官様が上層部に注目されるのも時間の問題ですね?

カリーナ

…うん?どうかしましたか、指揮官様?

カリーナ

グリフィンと鉄血の…衝突についてですか?

カリーナ

うーん…私が知ってるのって、多分あなたとそんな変わりませんよ。

カリーナ

でもそういや、知ってましたか?…鉄血がなぜ一夜にして制御不能に陥ったか。

カリーナ

聞いた話では、全ては背後でコントロールしている高等AIの仕業らしいです。

カリーナ

そいつは鉄血の責任者に従わないどころか、工場内の全人形を支配してしまったとか。

カリーナ

まあ、これはグリフィンが調査してやっと掴んだ情報でして、そいつについてはまだ何も分かってないんですけどね。

カリーナ

このAIが何を考えてるかとかは、もちろん知る由もないです。

カリーナ

でも心配はご無用ですよ。鉄血とグリフィンの前線は遠く離れてますから。

カリーナ

あなたはただ任務をこなして、たまに侵入してくる小規模な鉄血の部隊をやっつければいいんですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です