【少女前線】ストーリー全文日本語訳(緊急2-2)

はじめに

今回は緊急2-2を日本語訳してみました。

相変わらず不思議な人ですね。かわいいけど。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

緊急2-2(パート1)

ペルシカ

あ、指揮官…

ペルシカ

そう、また来たの。嫌だった?

ペルシカ

またあの任務をお願い。もっとサンプルが必要。

ペルシカ

えっと…何の研究か気になる?

ペルシカ

グリフィンにとって役に立つものかな。そんな感じ。

ペルシカ

この前鉄血のボスと鉢合わせたのってここだよね、指揮官?

ペルシカ

それじゃあ…始めて。

緊急2-2(パート2)

…作戦終了。

ペルシカ

おぉ!いいよいいよ、すごく助かる。

ペルシカ

え?なんで…M4と連絡をとらないのかって…?

ペルシカ

面倒くさい。特に何もない、ただそれだけ…

ペルシカ

しばらく用はないから、私の代わりによろしく言っといて。

ペルシカ

なんで…用はないのかって?

ペルシカ

君が手伝ってくれてるからだよ、ハハ…

ペルシカ

あの子はちょっと変わってるから、ちゃんと面倒見てあげてね。

ペルシカ

…大丈夫、そのうち分かるよ。指揮官なら、多分…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です