【少女前線】ストーリー全文日本語訳(緊急2-4)

はじめに

今回は緊急2-4を日本語訳してみました。

さらっと何か言いましたねペルシカさん。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

緊急2-4(パート1)

ペルシカ

今回の任務、これで最後になる…

ペルシカ

この地図を見て…

ペルシカ

あ、申し訳ない。私のチャンネルの電波が妨害してるみたい…

ペルシカ

でも…たぶんこのへんだと思う。

ペルシカ

…うん?何のサンプルかって?

ペルシカ

終わったら教えるよ。大したことじゃないし…

ペルシカ

頑張って、指揮官。任せた。

緊急2-4(パート2)

…作戦終了。

ペルシカ

いいよ、すごくいい。やっと完成した。

ペルシカ

へへっ、気になる?指揮官。

ペルシカ

大したことないよ。ただ鉄血と、グリフィンの人形を…

ペルシカ

…比較した…実験。

ペルシカ

それで分かったの…双方に使われてる技術が…ほとんど…

ペルシカ

違うってことが…

ペルシカ

鉄血の人形…一体どうやって作られてるのかな…

ペルシカ

AR小隊が3号保管庫で見つけた計画書と、何の関連が…

ペルシカ

…あ。な、なんでもないよ、ただの独り言…

ペルシカ

ともかく、短い間だったけど、ありがとう。指揮官。

ペルシカ

M4の面倒をお願い。他の人形たちも、頼んだよ…

ペルシカ

じゃあ、とりあえずさよなら、指揮官。

ペルシカ

今度、本当にコーヒー奢るから。

ペルシカ

そう遠くはないうちに…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です