【少女前線】ストーリー全文日本語訳(普通3-3)

はじめに

今回は普通3-3を日本語訳してみました。

前回の最後で、意味深な言葉を残して去っていったらしいAR15だけど…

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

普通3-3(パート1)

M4A1

ようこそいらっしゃいました、指揮官。

M4A1

恐れ入りますが、AR小隊の一隊員として今回の作戦について申し上げます。

M4A1

AR小隊は私以外に3名いまして、そのうちの2名を今回迎えに行くこととなります。

M4A1

本作戦の目標は現地の鉄血部隊を撃退、そして彼女たちが安全に合流ポイントまで来られるよう援護することになります。

M4A1

まだあなたの元に就いたばかりではありますが、これまでの作戦を見て、とても優秀な指揮官だと確信しました。

M4A1

ご協力感謝致します。さあ、行きましょう。

普通3-3(パート2)

部隊に掩護されながら、M4A1は無事合流ポイントへ…

M4A1

AR-15、SOP II、M4A1はたった今合流ポイントへ到着しました。そちらは?

M4 SOPMOD II

ここだよ!M4!

M4 SOPMOD II

あはははは!よかったよかった!

M4 SOPMOD II

本当に心配したんだから!

M4A1

ふぅ…無事でよかったです。SOP II、AR-15は?

M4 SOPMOD II

AR-15…

M4A1

…うん?AR-15がなにですか?

M4 SOPMOD II

M4、落ち着いて聞いてね。

M4 SOPMOD II

私たちの通信は敵のボスに傍受されてたの。どんな方法を使ったのかは分からないけど…

M4 SOPMOD II

それで敵の追跡を食い止めるため、AR15は時間稼ぎをしてるんだよ。

M4A1

時間?何のための時間ですか?

M4 SOPMOD II

奴ら…もう向かってるんだよ。そっちの本部にね。

M4A1

え?それって…鉄血のこと?

M4 SOPMOD II

そう。ここの鉄血のボスが動き始めたんだ。

M4 SOPMOD II

とにかく早く戻ろう、説明するから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です