【少女前線】ストーリー全文日本語訳(普通3-5)

はじめに

今回は普通3-5を日本語訳してみました。

決戦前夜の臭いがプンプンするぜ。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

普通3-5(パート1)

ヘリアン

指揮官、新しい任務だ。

ヘリアン

お前のおかげでS09区に居座るボスの情報が分かった。

ヘリアン

SP721「Hunter」、通称「獵手」。危険な奴だ。

ヘリアン

今すぐ捜索を展開しないとな。あとに続く作戦のためにも。

ヘリアン

グリフィンの他の部隊については、挟み撃ちの準備をさせてある。

ヘリアン

そしてたった今、この重要な任務はお前に託された。

ヘリアン

獵手の基地周辺を偵察し、奴らの防御施設に関する情報を本部に送ってくれ。

普通3-5(パート2)

捜索中…
ふん。本当に現れるとはな、M4A1。

獵手

M4A1

何者かがチャンネルに割り込んできました、この声は–

M4 SOPMOD II

獵手!奴だよ!
ほう?お前もいたのか。

獵手

まあともかく、もう分ってるとは思うがな。AR-15は既に押さえてある。

獵手

M4 SOPMOD II

クソ野郎!死にたいのか!
ふん、というよりむしろ、元からこういう計画だったのさ。

獵手

どうせグリフィンがここを制圧できないのは分かってたからな。睨み合ってても無意味だ。

獵手

M4A1、投降しろ。そしたらAR-15は返してやる。

獵手

ここで少し見せてやろうか…

獵手

…ジー。

AR-15

奴のことは無視しろ、M4!これは私が–
…ジー。
こいつがなんと言おうと、お前らが来るのは知ってるさ。

獵手

グリフィンの人形に助けてもらおうだなんて思うなよ。奴らでは到底攻め込めないだろうからな。

獵手

さあ決断を下せ。グリフィンはそう待ってくれないみたいだからな。

獵手

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です