【少女前線】ストーリー全文日本語訳(普通4-2)

はじめに

今回は普通4-2を日本語訳してみました。

この姉妹好きですねぇ。

それでは、ごゆっくりどうぞ。

注意
それぞれの人物については、一通りボイスを聞いて口調や性格を把握した上で訳したつもりですが、もし気になる点があれば気軽にご指摘ください。

また、今回訳しているのは台湾版になります。

普通4-2(パート1)

ヘリアン

今回の鉄血の襲撃はでかいぞ、指揮官。戦況はあまり宜しくない。

ヘリアン

情報によると、そこの鉄血のボスの名は–「干擾者」。

ヘリアン

奴は新世代の鉄血人形らしく、残存してる商品リストの中にも奴の情報はまるでないのだ。

ヘリアン

だが調査によると、今までの一人で戦いを仕掛けてきた好戦的な人形とは違い、指揮に特化した奴らしい。

ヘリアン

サイドの通路を塞いで、可能な限り奴の防御手段を無効化する必要がある。

ヘリアン

指揮官、そうしないと鉄血の増援部隊を次々戦場に流れ込んでくるぞ。

普通4-2(パート2)

…グリフィンの休憩室にて。
…ジー。

M4A1

…これは…通信信号?

M16A1

…応答せよ、応答せよ。

M4A1

–?!

M16A1

その…M4A1、聞こえるか?

M4A1

…M16…M16なの!大丈夫?!

M16A1

あ…いたのかM4。

M16A1

ということは、もうみんな合流したのか?

M4A1

AR-15もSOP IIもこっちにいます。あとはあなただけ。

M16A1

よかった。

M16A1

心配するな、こちらは大丈夫だ。補給ポイントも見つけた。だがまだやることが少しあってな。

M4A1

まだ何かあるんですか?いつ帰ってつもりなんですか!

M16A1

それは…状況次第だ!

M16A1

とにかく切るぞ!

M4A1

もしもし?もしもし!M16!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です